ETFを集めたETF!?グローバルX マルチテーマ成長株 ETF GXTG

投資

こんにちは、なおきちです。
めちゃくちゃ久々のブログ更新となってしまいました・・・
ここ数ヶ月仕事とプライベートが忙しすぎて、ブログまで手が回らず継続することをやめてしまいました。

あと、仕事のモチベーションが爆下がり中でプライベートもやる気を失ってしまいました笑
もちろんダンベルの重量も落ちています・・・
しかし、そんな時こそ副業を頑張ることで人生のモチベーションを上ていかなければと思い、重い腰を上てブログ書き始めました!笑

今回は音信不通な期間にひっそりと新規購入をしていたETFを紹介したいと思います。

投資をはじめて色々なETFと出会い、あれも欲しい、これも欲しい、となってしまい、結局何を買えばいいのか分からない状態になったことはありませんか?
私は完全にそれで、色々手を出しすぎました笑
しかし、色々欲しいけど銘柄は断捨離して行きたい・・・

そんなアンビバレントな状態な感情を抱いていたときに、様々なETFに投資しているETF「グローバルX マルチテーマ成長ETF GXTG」と出会いました。 

今回はグローバルX から出ているマルチテーマ成長株ETF GXTG について解説して行きます!

グローバルX マルチテーマ成長ETF GXTGとは

Global Xの 成長テーマから選ばれた複数のETFのポートフォリオを通じて、創造的破壊をもたらすマクロトレンドへの幅広い投資機会を提供することを目指しているETFです。
グローバルXが提供しているETF 7つに投資をすることになります。

GXTGの内容
設定日: 2019-10-25               
純資産: $90,390,680.90
基準価額: $47.57
発行済口数: 1,900,000
経費率: 0.50%
SEC30日利回り: 0.05%
分配頻度: 年2回 (6月と12月)

設定日

2019年10月25日に設定されたため、まだ一年半ほどしか立っていない銘柄です。
設立後コロナの影響で大幅に下落をしていますが、そこから大きな回復を見せ、今はほぼ設立から倍ぐらいの株価になっています。
最近では若干ヘッズアンドショルダーっぽくなっていますが、今後の伸びを期待できそうな銘柄ですね。

経費率

経費率は0.50%と少し高めな設定となっています。
グローバルXは面白いものが多い代わりに経費率が高めの物が多い印象です。
以下、有名どころと比べてみました。
VOOには圧敗ですが、QQQとは0.3%差です。(これが大きい差なんでしょうけどね笑)
キャピタルが大きくアウトパフォームすることを期待しましょう。

銘柄GXTGVOOQQQ
経費率(%)0.500.030.20

GXTG セクター比率と組み入れ企業

セクター比率

グロース系のETFに含まれるセクターであるITが多くを占めています。成長ETFなのでそりゃそうですよね。
ついでヘルスケアセクターが多いです。これはゲノムなどが多く含まれていることが影響しています。
一方で高配当ETFに多い金融、不動産、エネルギーセクターは非常に少ないですね。

組み入れETF

組み入れ銘柄では金融+テクノロジーのフィンテック銘柄を集めた銘柄が一番多い割合です。
クラウド、ゲノムと続きます。いずれも現在注目されている業界かと思います。

国別構成ではもちろん米国がNo1です。カナダに二番目というのは驚きでした。
日本の企業も多く組み込まれていますね。ソーシャルメディアやロボットのETFに日本企業が多く含まれているようです。

次の組み入れETFを簡単に紹介して行きます。

No.1 FINTECH TEF FINX 組み入れ比率 25.64%

転換をもたらすイノベーションを引き起こす金融技術の最先端にある企業への投資を目指します。

株価は設定日から大きく上昇しています。

SquareやPaypalなど有名な企業が含まれていますね。

ソフトウェアやITサービスが多くを占めており、やはりアメリカの企業が多いですね。

No.2 X-CLOUD CLOU 組み入れ比率17.77%

クラウドコンピューティングの技術を用いてソフトウェア、プラットフォーム、およびインフラの提供を行う企業並びに関連企業への投資を目指します。

関連企業にはデーターセンター・セクターのREITや、これらを支える最先端のハードウェア企業が含まれます。

このETFも設定日から上昇を続けています。

私の知っている銘柄ではDropBox、Shopify、Netflixが入っていますね。
このような銘柄もクラウド関係として組み込まれているのが意外です。Netflixとか高くて買いたくないのでありがたいですね。

ほぼ米国オンリーですね笑

No.3 GENOMIC GNOM 組み入れ比率16.69%

ゲノム編集、ゲノム医療/治療、バイオテクノロジー等、ゲノム科学の分野でさらなる進歩の恩恵を受ける企業に投資することを目指します。

私はGNOMも別で購入しております。最近はGlobal XのETFが下がりまくっていますので、上昇に期待をしたいです。

設定日から上昇はしておりますが、上述の通り最近は下落傾向です。

全体的にあまり有名な銘柄は少ないかもしれませんね。

医療業界ではアメリカがリーディングカントリーですが、ゲノムにおいてもアメリカの比率が非常に高いです。

No.4 ROBOTIC BOTZ 組み入れ比率10.64%

産業用ロボット・自動化、非産業用ロボット、自動運転などに携わる企業を含め、ロボットや人工知能(AI)の採用・活用の増加から恩恵を受ける企業への投資を目指します。

この業界はずっと注目されている業界かと思いますし、今後も期待されている業界だと考えています。
何度か大きな下落を受けていますが、今はそれを乗り越え大幅に上昇しています。
GXTGではなくこのETFを購入するのも良い選択肢なように思います。

勇目な銘柄が並んでいますね。個人的には株価が高くて手を出せないIntuitive(医療用ロボット)が含まれているのに魅力を感じるETFです。

ロボットにおいては、日本銘柄の組み入れ比率が一番多いです。これは意外でした。

No.5 SOCIAL MEDIA SOCL 組み入れ比率10.59%

世界のソーシャルメディア関連企業への投資を目指します。

コロナからの爆上がりがすごいですね笑
何が組み入れられているのか気になります笑

Facebook、テンセント、ツイッター、アルファベット、などなど有名な銘柄が多く組み込まれています。GAFAMは高くて投資ができないと言う人はこれに投資するのもありかもしれませんね。
QQQでええやん。とか言わない。

もちろん一番はアメリカです。二番目に中国となっています。

No.6 LITHIUM LIT 組み入れ比率 9.86%

採掘、精製、バッテリー製造に至るリチウムのサイクル全体への投資を目指します。

アップダウンありますが、コロナ後は大きく伸びていますね。

この領域はあまり詳しくないのですが、テスラや日本のパナソニックが組み込まれているようです。

このETFでは中国が一番なようです。韓国と日本とアジア勢がんばっていますね!

No.7 CANNABIS POTX 組み入れ比率 8.85%

大麻銘柄を集めたETFです。日本では取扱がないようです。無念・・・
日本では大麻を末ない代わりにETFを買ってみたかったのですが笑

株価の推移をみて購入欲求はなくなりました^^
ぐわんぐわんしてますね笑

組み入れ銘柄は全くしりません!笑

大麻が合法な国、カナダが80%!笑
カナダ好きだし買いたいですね・・・笑

まとめ

今回は Global Xの成長テーマから選ばれたETFにまとめて投資できるETFである、GXTGについて紹介しました!

本ETFを購入すれば、GAFAMはじめ、高くて有名な様々な企業に間接的に投資が可能です!

色々なETFに手を出してみたいと思っている方にはお勧めなETFかと思います。

どうでも良いことですが、バイオハザード8の発売に向けて過去作のプレイ動画を見直していると休日が終わっている日々が続いていますので、早く発売してこの呪いから開放されたいです笑

ばいちゃ!

コメント

  1. […] […]